松山市議会議員 太田ゆきのぶBLOG

2020年09月

松山市議会9月定例会は昨日が閉会日でした。

私からは、委員長として市民福祉委員会での審査状況について報告。

新型コロナウィルス感染症対策事業を中心に編成された、一般会計補正予算案57億7955万円は、賛成多数で可決されました。(主な内容は添付写真参照)

9月定例会上程議案の詳細
image
image
image
image


週末の空き時間。娘を連れて松山城へ久しぶりに行きました。
ずっと家にいるため、久しぶりに長時間歩き疲れた様子。
登校はできませんが、気持ちが優しい子に成長しています。
image
image
image
image
image

コロナ禍における、福祉活動、ボランティア活動のための研修会に参加しました。

様々な制約がある中での、こうした活動は大変ですが、工夫をしながら取り組んでまいりたいと思います。
image
image

本日は、私が委員長を務める市議会市民福祉委員会が開会。

9月定例会に上程された補正予算案のうち、感染拡大防止や検査体制の強化、国の特別定額給付金の対象とならない新生児(4月28日以降出生)に対し、1人10万円の給付金など市民生活支援に関する予算案などについて審査しました。
image
image


朝から清水松山市議と共に、東温市の近藤ちえみ議員の街頭演説の応援へ。

東温市内4カ所で街頭演説を行いました。

女性の目線で様々な政策に取り組んでいます。

今年4月にスタートした「東温市産後ケア事業」もそのひとつです。
image
image
image
image


厚労副大臣に就任した、山本ひろし参院議員の国政報告会終了後、アトムグループの高齢者総合福祉施設「サンシティ北条」を副大臣と松山市議で視察。

9月にオープンしたばかりの同施設は、ベッドに設置されたセンサーで、入所者の脈拍など体調を管理するシステムが導入されている最新の福祉施設です。

また、施設敷地内から温泉も湧いており、山と海に囲まれた最高のロケーションです。

施設職員で結成された、フラダンスチームの素晴らしいパフォーマンスもご披露いただきました。
image
image
image
image

私が松山市議会議員に当選させていただく前、公設第一秘書として務めてました、山本博司参議院議員が、本日菅内閣において厚生労働副大臣に任命されました。本当に嬉しい限りです。
image
image
image



今日は初当選以来25回目の一般質問で登壇しましたが、なんと声が出なくなるハプニングが・・・。

なんとか最後まで声を絞り出しやり遂げました。

コロナ禍での小中学校の修学旅行
障がい者の就労施設への支援
洪水ハザードマップの周知
古新聞などの持ち去り対策
戦争の歴史を後世に伝える
市営住宅の保証人削除
複合的な課題を抱える人を支援する
新たな体制(重層的支援体制整備事業)

以上、市民の皆様からいただいた課題や要望について質問。

今後も市民の代弁者として、毎議会の質問に挑戦してまいります。
image

本日は、KHJ愛媛県こまどりの会9月例会を開催。

専門家の先生によるコミュニケーショントレーニングで、伝え方を学びました。

親子関係も、言葉のかけ方、伝え方がとても大切です。
image
image
image


⭐️松山市議会9月定例会開会中❗️

市議会は明日10日から質問戦です。スケジュールは下記の通りです。
私は、16日水曜日の3番目に登壇します。
image

今日は、日本てんかん協会愛媛県支部主催のてんかん診療連携推進検討会に参加。様々意見交換を行いました。

てんかんは100人に1人が発症する病気ですが、まだまだ「てんかん」に対する正確な理解が広がっていません。

今日は、医師や行政、支援機関、家族会などの方の参加でしたが、こうした横の連携、情報交換をすることで課題が見えてきます。

支援体制が進むよう全力で努力してまいります。
image
image
image

今日から松山市議会9月定例会が開会です。ご相談を受けた内容を中心に一般質問に臨みます。

夕方よりは、松山市が今年作成した「洪水ハザードマップ」を地元地域の認定こども園や保育園、高齢者施設などに配布。

地域の災害リスクを認識した上で、避難行動の大切さを説明しました。

地元の松山市消防団余土分団では、地域住民の命を守るため、住人が適切な避難行動を取れるよう、ハザードマップを配布し、防災啓発活動を行なっています。

今週、非常に強い台風が迫っています。命を守るため、できる限りの備えをお願いいたします。
image
image
image

このページのトップヘ