松山市議会議員 太田ゆきのぶBLOG

2017年03月

今日は、伊予市の市議会議員選挙に向けた準備や会議など。告示日まであと10日。選対責任者として全力で取り組んでまいります。
また、今日の公明新聞に、公明党のギャンブル等依存症対策検討プロジェクトチームが、菅官房長官に申し入れした、との記事が掲載されてました。依存症は病気です。しっかりと支援できる体制整備が大切です。
今、愛媛でも3月より当事者による依存症のリハビリ施設ダルクが開設しました。私も支援会としてお手伝いさせていただいています。しっかりと支援まいりたいと思います。

3月30日木曜日。今日も早朝より、伊予市での大野しんじ市議会議員と街頭演説でスタートです。
大野しんじ議員は、全国で初めての、お迎え付き病児病後児保育施設の実現や、警報時の児童クラブの受け入れ改善等、子育て政策の推進に全力を尽くしています。
大勝利を目指し全力で頑張ってまいります‼️

3月29日水曜日。今日も早朝より、伊予市で大野しんじ市議会議員と街頭演説をしました❗️
大野しんじ市議会議員は元気いっぱい頑張っています‼️
夜は公明党松山西支部の党員会を開催しました。
木村県議による愛媛県の地方創生の研修。党員さんによるリラックス体操や健康講座など、充実した内容の党員会でした。今後も皆さまのお役に立つ内容となるよう、しっかり取り組んでまいりたいと思います。

今日は第2回松山市都市計画審議会に委員として参加しました。
議案は"松山市立地適正化計画(案)"と松山市景観計画(案)の2件でした。
立地適正化計画は、人口減少が進む中、都市機能の集約化や居住区域を誘導しながら、人口が減少しても、暮らしていける街づくりをするため、策定されるものです。
本市の街づくりの根幹をなす計画案です。今後も注視してまいりたいと思います。

3月27日。今日は地元町内の方が主催している、子ども能楽教室のメイン行事である「松山城天守閣子ども能」が開催されました。
外国人観光客など、今日は多くのギャラリーの中での発表でした。子どもたちは、堂々たる姿で、お殿様、お姫様になったように、歴史ある松山城の天守閣で、日頃の練習の成果を披露しました。
私も保護者の発表として、"熊野"という仕舞いをさせていただきました。
松山は過去、江戸時代の松山藩の頃より、非常に能が盛んな地域でしたが、現代では、市民の伝統文化への関わりも減り、能をたしなむ人口も減少しています。こうした中、伝統文化を守ろうと、子どもたちは元気に頑張っています。できる限り応援してまいりたいと思います。
夜はリレーフォーライフ2017の実行委員会に参加しました。

午前中は、人脈を広げるために中県議とともに、行っている詩吟の会の段級審査に初めて参加させていただきました。
ほとんど練習にも参加できてませんが、中県議共々なんとか一級に合格させていただきました。
午後からは市民相談の報告や調査で市内を東奔西走しました。

64年ぶりに開催される、愛媛国体まであと188日
"笑顔つなぐえひめ国体"、全国障害者スポーツ大会である"笑顔つなぐえひめ大会"の大成功に向け、自分の立ち場で全力を尽くてまいる決意です。

昨日3月25日は、情報支援ボランティア(手話担当)の研修会に参加しました。私は、砥部町で開催される、障害者スポーツ大会の「グランドソフトボール」の担当に決まりました。手話の研鑽を含めしっかり取り組んでまいりたいと思います。

早朝、伊予市で大野しんじ市議会議員と街頭演説。
終了後は党務で市内を東奔西走。

また、国道56号の余戸から松前町に架かる、重信川の出合大橋の橋脚に「水位表示板」を設置していただきました。
重信川は、昔から「暴れ川」と言われ、洪水や氾濫を頻繁に起こしてきた歴史があります。
近年、異常気象による極端な大雨やゲリラ豪雨で、河川が氾濫し被害を受けている地域が増えていますが、重信川に面する地元の余土地区でも、そうした不安との戦いです。
昨年、余戸地域側から、重信川の水位の状況が目視でわかるよう、水位表示板があれば対策強化になるとの、地元の防災士会からのご要望をいただきました。
さっそく国土交通省に要望に行き、検討していただき今月「水位表示板」の設置をしていただきました。

今日は、地元さくら小学校の卒業式に参加させていただきました。
133名の卒業生たちが、雄々しく学び舎を巣立っていきました。
別れの言葉では、思いがこもる言葉や合唱で、卒業生と在校生のやりとりがあり感動しました。
皆のこれからの成長を心より願っています。

今日は、伊予市の市議会議員選挙の準備等の党務で動きました。
また、今日のNHKニュース、愛媛新聞で昨日の性犯罪、性暴力被害者支援について会議の模様が紹介されました。国では、性犯罪・性暴力に遭った被害者が治療や相談を一カ所で受けられる「性犯罪・性暴力被害者のためのワンストップ支援センター」を2020年までに各都道府県に少なくとも1か所の設置を政策目標として掲げています。
全国の設置数は37都道府県が設置済み、未設置の県は10県で愛媛県も含まれています。早期の設置が進むよう全力を尽くしたいと思います。
(写真は22日朝のNHKニュースより)

3月21日。昨年スタートした、内閣府の「企業主導型保育事業」を活用し、"ジャックと豆の木園あそうだ園"が4月3日に開園します。今日は内覧会に参加させていただきました。中根総施設長をはじめ、保育士の先生方の子どもたちへの情熱が伝わってくるようでした。今後のご発展を心より祈っています。
その後は、松山市議会スポーツ振興議員連盟の研修会。
夜は性犯罪性暴力被害者のためワンストップ支援センター設置へ向けての勉強会に参加しました。

3月20日月曜日。今日は、市坪地域の防災訓練に、消防団員として参加し、応急手当講習等のお手伝いをさせていただきました。防災減災のためには、地域のコミュニティの強化、また、日頃の防災訓練が重要であります。地域防災力の向上のため、これからも全力を尽くしてまいる決意です。

3月19日日曜日。今日は、道後温泉まつり協賛の第79回吟詠剣詩舞大会が、愛媛文教会館で約350名が参加し盛大に開催されました。私も所属する吟道星心庵の皆様と共に出場させていただきました。練習会にほとんど参加できていないため、結果は全然だめでしたが、多くの皆様との交流を深めることができました。

文化団体の関係者からのご相談もあり、今議会3月定例会の一般質問で文化芸術振興について質問しました。文化芸術振興予算は削られやすい傾向にありますが、人の心を潤し元気にする力が、文化芸術にはあります。国でも2020年を目標に、こうした文化活動等に取り組む国民の数を増やそうとしている所ですが、私も文化芸術振興に自分の立ち場でできる努力をしてまいりたいと思います。

今日3月18日、午前中は「特定非営利活動法人 日本防災士会 愛媛県支部」の設立委員会役員会を開催。5月21日の設立総会について、様々協議をしました。様々準備は大変ですが、事務局長としてしっかり使命を果たしてまいりたいと思います。
午後からは、松山市総合福祉センターで開催されました、発達障がい者支援の講演会に参加。講師は4人の子ども全員が発達障がいの中、子どもたちと共に懸命に乗り越えてきたお母さんと長男の方でした。素晴らしいお話に感動しました。発達障がいは増加傾向ですが、支援環境の向上に全力で取り組んでまいります。

今日は松山市議会3月定例会の最終日でした。愛媛国体や正岡子規、夏目漱石の生誕150周年の記念事業などの一般会計当初予算1802億円等を可決しました。
終了後は、がん条例策定に向けての専門チームの会議に出席。
夜は市長も参加しての理事者と議員の市政懇談会に参加しました。
新年度も松山市の発展のため全力で働いてまいります。

今日3月16日は、早朝伊予市で大野しんじ市議会議員と街頭演説。
終了後は地元余土中学校の卒業式に参加させていただきました。新校舎移転後の初めての卒業式で、男子103名、女子100名、合計203名の若人が雄々しくが巣立っていきました。  俳句を一句  "すすり泣き 皆の心は 春爛漫"  卒業生たちのお世話になった皆様への感謝の思いが伝わる涙涙の感動的な卒業式でした。
夕方からは松山市駅前にて、松山市社会福祉協議会主催の街頭募金活動に参加しました。

本日3月15日は、愛媛ダルク支援会の会議に出席。愛媛ダルクは3月より既にスタートしていますが、7月の設立フォーラムや今後の取り組みについて、支援会会長の射場弁護士を中心に様々協議をしました。
ダルク(DARC)とはDrug(薬物)Addiction(嗜好病的依存)Rehabilitation(回復)Center(施設)の頭文字を取った造語で、民間の薬物依存症のリハビリ施設です。
理解を広げながら、しっかりとした支援体制が整うよう、できる限りの応援をしてまいりたいと思います。
偶然にもダルクの村上代表は、同じ兵庫県出身で、同じ昭和41年生まれです。

本日3月14日も大野市議会議員と共に早朝より伊予市での街頭挨拶でスタート。大野議員の演説もパワーアップしてきました。頑張ってまいります。
地域をまわると道路補修やカーブミラー設置等の安全対策のご要望をよくいただきます。今日は最近完了した箇所3箇所を確認しました。余戸中の舗装、南斎院の舗装、高岡のカーブミラー。今後も地域のために地道にコツコツと頑張ってまいりたいと思います。

今週も早朝の街頭演説でスタート。3月議会のご報告をさせていただきました。
今日は愛媛大学を訪問。愛媛大学防災情報研究センター長(大学院理工学研究科教授)の矢田部先生と様々意見交換をさせていただきました。地域防災力向上のため、今後も勉強させていただきと思います。

今日は地域の方との意見交換、市民相談の現場調査など。
垣生ではご相談者とともに、地域で問題になっている空き家の現場を調査しました。
空き家問題については、今議会の一般質問でも取り上げましたが、非常に深刻な課題となっています。
しっかりと取り組んでまいりたいと思います。

3月11日午前中「子ども能楽教室」の発表会が市民会館能舞台で開催。日頃の練習の成果を、子どもたちは元気いっぱい発表しました。今月27日は松山城天守閣での発表会が開催されます。今日は私も保護者として出演させていただきました。終了後は松山市消防局が実施している復興支援イベントを見学。午後からは、えひめ難聴者連合会設立準備委員会に顧問として参加しました。7月の設立総会に向け応援してまいりたいと思います。

今日3月10日は県社協主催の地域生活定着支援センター専門研修に参加させていただきました。
「依存症者の理解と支援」とのテーマで、えひめダルク設立準備室の村上代表、支援会会長の射場弁護士の話を聞き勉強させていただきました。
私も支援会の一人として、精一杯支援してまいりたいと思います。

今日の早朝も伊予市で、大野市議会議員と街頭演説。終了後は挨拶まわり。午後からは立候補説明会に選対責任者として参加しました。
明日も早朝より伊予市の街頭よりスタートです。全力で頑張ってまいります。

今日も早朝より街頭演説。3月議会の状況等のご報告しました。初当選の翌日より、早朝の通勤時間に、週一回以上の街頭演説を欠かさず続けていますが、"いつも立ってるね"等の声をかけていただくことも多くなりました。"継続は力なり"真面目に頑張ってまいります。
今日は市議会都市企業委員会が開催され審議しました。
夜は党の責任者会を開催しました。
また、本日付けの公明新聞全国版の記事で、松山市の防災士への手話研修について、紹介していただきました。今後も手話の普及理解のため、しっかりと取り組んでまいりたいと思います。

今日は市民相談の調査等で市内を一巡。夜は伊予市議選の件で会議2つに参加。明日は都市企業委員会が開催されます。
また、今日のヤフーのニュースに、ひきこもりのニュースが出ていました。
「ひきこもり過半数が40歳以上、親子共倒れ危機の衝撃」という、タイトルです。
岩手県洋野町が調査した結果を学会で発表するとのことです。
ひきこもりの課題は全国で問題になっています。松山市も昨年実態調査をしていただきましたが、ひきこもりの最多の年齢層は40歳代でした。
ひきこもりの本人の高年齢化とともに親も高齢化し、事態はますます深刻です。私もひきこもりの支援活動を行なっていますが、社会全体で取り組む必要性を痛感しています。
しっかりと支援の輪が広がるよう取り組んでまいりたいと思います。

3月6日月曜日。今週も早朝より伊予市で"大野しんじ"市議会議員と街頭演説❗️
今週も全力投球で頑張ってまいります。‼️
今日は松山市議会一般質問の最終日。明日からは委員会の審議が始まります。しっかり審議してまいります。

今日3月5日の午前中は、市総合福祉センターで開催の「耳の日のつどい」を訪問し大勢の皆さまと交流。午後からは、ひきこもり家族会"こまどりの会"の懇談会に参加。初めて参加の方とも様々なお話ができました。この出会いを大切に支援してまいりたいと思います。

今日2月4日は、地元余戸にある、社会福祉法人あゆみ学園の収穫祭を訪問。理事長より様々ご要望をいただきました。
また、大街道で開催の松山NPOまつりへ。介助犬、聴導犬等の身体障がい者補助犬の育成、普及にご尽力いただいている、ドッグ・フォー・ライフ・ジャパン(砂田代表)を訪問。チャリティ撮影会に参加させていただきました。私も補助犬の普及、理解の拡大ために頑張ってまいりたいと思います。
また、今日の愛媛新聞に金曜日の議会質問の介護激励金の内容について掲載されました。

早朝、公明党松山市議4人で街頭演説を実施。その後は初当選以来欠かすことなく12回めとなる市議会の一般質問をしました。
文化振興、空き家対策、重度心身障がい者介護激励金制度、認定子ども園等への監査など、市民の皆さまからいただきました課題について取り上げました。

今日は一般質問2日め。公明党からは吉冨議員が質問しました。
明日3日はいよいよ私が10時から質問します。市民の皆さまからいただきました課題について取り上げます。
また、明日早朝8時からは松山市駅前で街頭演説も行います。
頑張ってまいります。

今日から松山市議会は一般質問が始まりました。今日は公明党からは大塚議員が登壇しました。
明日は吉冨議員が登壇します。私は3月3日の朝10時から質問します。
市民の皆様の代弁者として頑張ってまいります。

このページのトップヘ