松山市議会議員 太田ゆきのぶBLOG

2016年02月

早朝の街頭演説、今日は山本ひろし参議院議員と共に実施しました。私からは3月議会について、18歳選挙権など、山本参議院議員からは軽減税率ほか公明党の実績について訴えました。近隣の方が駆けつけてくださいました。終了後は本会議へ。今日明日と代表質問。明日は吉富議員が代表質問します。水曜日から来週月曜まで一般質問。私は今週3日木曜日に質問で登壇します。
また、今日の公明新聞に掲載していただきました。

午前中、井上公明党愛媛県本部前代表が主催されています、連句の会に出席。午後から愛媛CATVオープンスタジオで開催されました、世界希少・難治性疾患の日の啓発イベントに、パーキンソン病友の会の副支部長として、中支部長とともに参加しました。愛媛県難病連の菅会長の挨拶で始まり、難病患者の方の体験発表がありました。難病と戦いつつまた、子ども時からのいじめや偏見を乗り越え前向きに生きている姿に大変感動しました。一層の決意で難病の理解、支援に全力を尽くしてまいりたいと思います。夜は地域の方の通夜式に参列しました。

今日は市民相談、能楽の会、福祉作業所の訪問。夕方からは自民党松山支部連合会の政経パーティーに公明党松山市議団全員で参加させていただきました。塩崎厚労大臣、河野行革担当大臣、山本国交副大臣の3名より政府の取り組みのお話しがありました。

今日は4件の市民相談対応。大阪航空局松山空港事務所にて調査。夜は地元防災士会の会議に参加しました。来週からは質問戦が始まります。私は3月3日の午後に一般質問をさせていただきます。

 ★余戸針田にまたがる道路の全面修理完成★

今日は午前中、議会質問の件で担当課と打ち合わせ。午後は支援者訪問、6件の市民相談など忙しい1日でした。
また、私有地がからみ、境界もはっきりしない等様々な課題があり、かなり傷んでいるのに長年修理されないまま道路を、何とかしてほしいと余戸の住人の方に昨年4月にご相談をいただきました。十数軒の地権者を1軒1軒まわり説明、もうあきらめていたといわれる住人方も前向きご協力いただき、余戸針田2町にまたがる町内会長にもご協力いただきました。借家や貸店舗等がからみ所有者との交渉が難航。高知県境の山奥まで交渉に行き、所有者がなかなか特定できなかった大阪の所有者にも手配、交渉に応じていただけない所有者へ何度も足を運ぶなど、粘り強く取り組みました。ようやく今月道路の全面修理をすることができました。初当選以来この2年間約50箇所以上の道路の修理や安全対策を手配しましたが、これほど時間も労力も かかったのは初めてですが、本当に良かったです。これからも市民の皆様のために全力を尽くしてまいりたいと思います。


今日は愛媛県障害者連絡協議会の役員会にパーキンソン病友の会愛媛県支部副支部長として参加しました。
28年度事業計画等について協議しました。
夜は党員研修会をアイテムえひめで開催。党員さんによる出陣の詩吟、木村県議による政治学習等、参議院議員選挙大勝利に向け、決意あふれる出発ができました。一瀉千里に突き進んでまいります。

今日は午前中、党の県本部でIT研修があり、東京から講師が来ていただき様々教えていただきました。
午後からは団体まわり、途中、地元余戸で火災発生とのメール。急いで現場に駆けつけました。消防団に入団して初めての実践の出動で少し緊張しましたが、無事任務を終えることができました。火事が増えています、火の元にはくれぐれも注意していただきたいと思います。

早朝、毎週の街頭演説を実施しました。3月定例議会について、手話言語条例の必要性について、公明党の政治と金の問題についての取り組み、18歳選挙権、脳脊髄液減少症のブラッドパッチの保険適用についてなどをお話ししました。終了後は市民の対応、議会準備等。

今日は市民相談の結果報告、新たな市民相談、現場調査、挨拶まわり、夕方からは笹岡代表を中心に愛媛県本部の議員総会が開催されました。参議院議員選挙大勝利に向け、様々な打ち合わせを行いました。
1日1日を大事に前進してまいります。

今日、KHJ愛媛県こまどりの会(ひきこもり家族会)が、松山市より市民活動推進事業表彰をいただきました。一層の決意でひきこもり当事者・家族の支援、ひきこもり問題の克服に全力を尽くしてまいりたいと思います。

今日は早朝、松山市駅前で公明党松山市議4人(清水、長野、山瀬、太田)で街頭演説を実施しました。
終了後は議会へ。今日から松山市議会3月定例議会の開会日です。大事な当初予算の審議を中心にしっかり取り組んでまいりたいと思います。

今日は議会準備や市民相談対応などのため、学校教育課、下水道サービス課、建築指導課、障がい福祉課からそれぞれ話を聞きました。
夕方は、日常生活補装具として子どもの電動車いすの支給が決定され、新しい電動車いすが完成しているということで見せていただきました。
上手に操作できる状況に感心し、また安心しました。これから元気にがんばってほしいと思います。

DSC00717

今日は市民相談、質問原稿と格闘。あさって19日より3月定例議会が開会します。初当選以来8回めの議会です。今回も一般質問をさせていただきます。3月3日午後の予定です。全力で頑張ります。

先日の国会の予算委員会で大学学費値上げのデマビラを糾弾された、共産党について書かれた、評論家の森田実氏の文章を紹介します。
______________________________

日本共産党のウソを暴く

日本共産党は「独善主義」「自分勝手」が本質

 私は1952年に東京大学進学後、日本共産党に入党し、7年間在籍した経験から日本共産党の本質を熟知し、その誤りをこの身で体験しました。
 1951年当時、日本共産党は時代錯誤の武力闘争方針を決定し、中には武力訓練に加わる学生もいました。しかし党内の実態は、内部に批判者が出ると大げさに騒ぎ、その処分が最大眼目となるため、常に内部の分派抗争に明け暮れていました。
 党中央への批判は一切許されません。中央集権的な権力構造が確立され、仲間を「スパイ」として告発することを奨励し、仲間を軟禁し、リンチを加えるようなことを日常的に繰り返していたのです。党の自立性のなさや自己改革できない体質、組織内に充満する陰険さも痛感しました。
 ところが、1955年に日本共産党は、武力闘争の方針を自己批判します。この大転換に東大内の組織では「青春を返せ!」と皆が激怒。私は連日、党幹部への面会を迫りましたが、最高幹部は無責任に逃げ回るだけでした。
 その後、私たち学生党員と共産党中央との対立が激化し、1958年に私は党を正式に除名されました。しかし、党とすっきりと決別したかった私は、除名をこの上ない「名誉」と受け止めました。
 私は、ようやくにして、暗く悪意に満ちたいまわしい日本共産党と決別することができました。
 私は自由人になりました。

大衆を見下す理念なき政党に存在意義なし

 現在、日本共産党が掲げてきたマルクス・レーニン主義は影響力を失い、完全に時代遅れになってしまいました。すでに、日本共産党の存在意義はありません。
 今は、ただ組織の維持を目的に、国民の不満を悪用して批判票を横取りし、反対に次ぐ反対を唱え、他者を批判しているだけにすぎません。
 日本共産党に対して強く感じることは、過剰な指導者意識だけが強く、謙虚さがありません。大衆政党を名乗りながら大衆を顧みず、上から目線で見下しています。東洋思想を軽視し、宗教に強い偏見を持っています。多くの政治家を見てきましたが、最も目線が高いのが日本共産党の議員だと思います。
 日本共産党と決別して60年近くたちますが、独善・自分勝手・反宗教の本質は決して変わっていないと思います。
 大衆を見下し、理想・理念なき偽善的政党である日本共産党は、この世から消えるべきです。日本共産党の最もよくないところは、善なる政治家の集団である公明党に対して悪意を持っていることです。この点は、深く反省すべきです。

今日は終日、企業や団体まわり、市民相談等でした。企業の方からは様な叱咤激励も頂戴し、また我が党に対するご期待を寄せてくださいました。最近、政治と金の問題、失言、不倫等国政において信用を落とす問題が続出しています。若者の政治離れが進む中、今年は18歳選挙権施行で政治に関心をもってもらう大きなチャンスです。こうした時にこうした問題が起こることは非常に残念です。民信無くば立たずです。政治にとって一番大事なのは国民の信頼です。日々自分の立ち場で政治への信頼が増すよう努力していきたいと思います。
また今日の愛媛新聞に障がい者の貧困率に関する記事が掲載されていました。4人に1人が貧困状態にあり、障がいのない人の倍の数値とのこと。障がい者の就労環境の向上にさらなる努力を尽くしてまいります。

今日は早朝の街頭演説より出発。18歳選挙権、公明党の実績等についてお話ししました。終了後、挨拶まわり、参議院議員選挙についての会議等で市内をまわりました。
今週金曜日より3月定例議会が開会します。しっかり準備していきたいと思います。

今日はひきこもり当事者・家族を支援する家族会のKHJ愛媛県こまどりの会の月例会でした。千葉より一般社団法人SCSカウンセリング研究所カウンセラーの藤江先生を講師に迎え、ひきこもりの疑似体験、グループカウンセリングをしていただきました。ひきこもりは平成22年の内閣府調査では70万人以上とのデータがありますが、調査年齢の対象を拡大すればこの何倍もの数になるとも言われており、現代における大きな社会問題であります。日本将来のためにも、この問題に粘り強く取り組んでいきたいと思います。

今日は地元町内で開催されています、子ども能楽の発表会に参加させていただきました。日ごろの練習の成果をわしやさんの能舞台で発表。みんな堂々たる発表でした。
来月28日には松山城の天守閣で発表です。お殿様お姫様になったつもりで元気いっぱい発表してほしいと思います。
終了後はアイテムえひめで開催されています松山市主催の農林水産まつりを見学、大勢参加されていました。お世話になっている小林商店さんも出店されています。明日まで開催ですので皆さま是非足をお運びくださいませ。

午前中、市民相談の調査などで市内を東奔西走。国交省松山港湾空港事務所長や松山空港長に面会調査を依頼しました。
途中市民相談を受けいた箇所の対応の確認に行きました。公園内の犬の散歩を禁じた注意看板を設置していただきました。公園は子どもたちのほか多くの方が利用する場所ですので、犬の散歩は禁止です。
午後からは3月定例議会の議案説明会、議会質問の会派打ち合わせをしました。今回も一般質問をさせていただきます。しっかり準備していきたいと思います。
夜はミニ集会で政治学習をさせていただきました。

今日は松山市教育委員会主催の「第10回まつやま子ども読書推進ネットワーク交流研究集会」に文教消防委員として参加しました。この催しは読書活動推進計画に基づく取り組みの一環として、情報交換や意識啓発のために毎年開催されています。新たな第3次読書活動推進計画の概要説明の後、3団体より読書活動推進の事例発表がありました。夢くれよんの影絵、てくるんで読み聞かせをしているコッコ・サンの実演、お伽座の伊予弁民話等、素晴らしい発表でした。私も学校で読み聞かせボランティアをしていますので、大変勉強になりました。一層の決意で読書活動推進に力を入れていきたいと思います。

今日は市役所にてヒアリング、企業などの訪問、夕方は障がい者の作業所の皆さまと懇談。様々な課題や要望をお聞きしました。少しでも改善できるよう取り組んでいきたいと思います。

今日は市民相談対応、午後からは地元消防団の皆さまと消防団高浜分団の消防ポンプ蔵置所を視察に行きました。地元余土分団の蔵置所も移転建築が予定されており、現場の意見を反映させて建築する意味で、最近建築された他分団の蔵置所を視察させていただきました。消防団が使用しやすい消防ポンプ蔵置所なるようサポートしていきたいと思います。

今日は早朝の街頭演説を実施。昨日の北朝鮮による事実上の長距離弾道ミサイル発射について、参議院議員選挙に向けての政策の件などについてお話ししました。
午後からは文教消防委員会が開催され、学校給食についての委員会提言の回答について説明を受けました。

今日は終日、市民相談、現場調査、訪問対話でした。
また、今日の午前9時31分に北朝鮮が人工衛星の打ち上げと称して、事実上の長距離弾道ミサイルを発射しました。国際社会が強く強く自制を求めてきたにもかかわらず強行し、世界の平和に脅威を与えた暴挙に対し断固抗議します。公明党も即時に声明を発表しました。

今日は参議院議員選挙について党で打ち合わせ。市民相談。夜は会合に参加しました。
また、今日の公明新聞に民主党の軽減税率批判を糾弾する記事が掲載されています。軽減税率は当時民主党政権下、社会保障を守ると一点で、考え方の違いを超えて、3党合意の基社会保障と税の一体改革の中で低所得者対策をどうするかということで導入されるものです。口汚くののしり批判する姿はあまりにも不誠実な政党というしかありません。

今日は終日市民相談、挨拶まわり等忙しい1日でした。中事務所では道路の安全対策について、警察より状況を聞きました。良い方向に進むようで一安心です。夕方からは中県議と街頭演説を実施。公明党の実績である高額療養費制度の改善、軽減税率、携帯電話料金値下げについてお話ししました。夜はひきこもり家族会の役員会。28年度の方針について話し合いました。

午前中、議会改革特別委員会の住民参加・情報公開ワークが開催されました。テーマは議員の倫理についての内容をどういう方向で決めるか等議論しました。各議員様々な考え方がありますので、議論がまとまるにはかなり時間がかかるように思いました。大切なことは過去の不祥事を踏まえ、市民の皆さまに信頼していただける議会にしていくための内容にしなければ意味がありません。しっかり取り組んでいきたいと思います。
その後市民相談。夕方からは移転建設中の余土中学校を見学させていただきました。本当に素晴らしい学校ができそうです。完成が楽しみです。

今日は党の役員会を開催。24日の党員会の内容を協議しました。

 

また、本日の衆議院予算委員会、石田衆議院
議員が質問しました。平気でデマを言う政党を
糾弾しています。

必見!予算委員会の動画

参考:産経新聞ニュース
倍晋三首相は3日午前の衆院予算委員会で、共産党が安倍政権が今後15年間で国立大学の授業料を40万円引き上げるとするポスターを配布していることに関し「全くデマだ」と述べ、共産党の主張を否定した。公明党の石田祝稔氏の質問に答えた。

 ポスターは安倍政権が国立大学運営費交付金を大幅削減し、減収分を学生の授業料値上げで賄うとする内容。石田氏はこの内容は事実と異なるとして「『たら』『れば』の世界のことを事実のように書いて、若い人に配っている。けしからん。国立大学の自己収入のうち55%は授業料以外だ」と指摘した。

 石田氏はホームページでダウンロードできないようにすべきとも主張し「(共産党は)天下の公党として恥ずかしい」と非難した。

 首相は政権に就いてから国立大学の授業料を3年間引き上げていないことを説明した上で「選挙前に、極めて惑わせるチラシだ。ただちに責任を持って、公党として訂正していただきたい」と要請した。

文教消防委員会の視察2日めは、東京消防庁の第8方面本部の航空消防救助機動部隊(エアーハイパーレスキュー)ならびにハイパーレスキュー隊を視察させていただきました。エアーハイパーレスキューは、ヘリコプターを活用して空からの消防活動を行います。東京消防庁のハイパーレスキュー隊は国内外の多くの大規模災害の救助活動を行ってきました。あらゆる状況を想定した各種車両や装備のすごさに驚きました。今日は実践さながらの救助訓練を見学させていただき大変勉強になりました。

今日から文教消防委員会の視察で上京しています。1日めは武蔵野市の「ひと・まち・情報創造館 武蔵野プレイス」を視察させていただきました。この施設は図書館を中心に生涯学習、市民活動、青少年活動支援の機能を併せもち、市民等の交流の促進また活性化を促しています。素晴らしい環境、利用者の多さに驚きました。全国の多くの自治体で図書館を核とした街の活性化を行っています。松山市の活性化に生かせるよう研究していきたいと思います。

このページのトップヘ