松山市議会議員 太田ゆきのぶBLOG

2015年10月

今日はいよいよKHJ全国大会IN香川の本番でした。全国から大勢の皆さまが参加されました。ピアサポーター研修を共に受けた、九州や沖縄の皆さまとも再会できました。
また、来賓として山本博司参議院議員も参加しまし、様々な講師による内容の濃い研修でした。今後の松山市のひきこもり支援に繋げていきたいと思います。明日はテーマごとの分科会です。しっかり研鑽してまいります。

今日は、予算要望について会派の打ち合わせ。その後、ひかり保育所を訪問。地域保育所連絡会の森会長より様々な要望をいただきました。本年4月より子ども子育て支援新制度が始まりましたが、まだまだ課題はあります。しっかり調査しながら、来月開会の12月定例議会の準備をしていきたいと思います。

今日午前中は市民相談の対応。午後からは来月11月21日に開催します、ひきこもり支援セミナーの案内にまわりました。
今回はひきこもり家族会の全国組織であるKHJ親の会の池田理事長に来ていただきます。池田理事長は臨床心理士でスクールカウンセラーもされています。今回のセミナーで愛媛県のひきこもり支援が少しでも前進するよう願っています。

今日は毎月1度の党員会を開催しました。各地域の責任者より新党員の紹介ならびに挨拶をしていただきました。
私からは、軽減税率、伊方原発、9月議会の報告についてお話しさせていただきました。
また、 党の県本部の事務長にも参加いただきました。

今日は午前中、決算特別委員会が開催され26年度の決算が承認されました。
午後からは文教消防委員会が開催され、閉会中の調査研究テーマである「学校給食について」の提言書について審議しました。
終了後、市民相談対応で理事者に相談。
夕方は、新たな市民相談でご相談と現場を調査しました。

早朝、定時定点街頭演説で出発。その後公明党松山市議団で、東雲小学校改築、仮称松山市教育センター新築主体工事を視察しました。来年3月の完成に向け順調に工事が進んでいます。教育センターでは、教員の様々な研修体制がより整備されます。
午後からは市民相談対応、中まさかつ県議と街頭演説を実施しました。


今日は午前中、地元町内会で開催しました三世代交流会の後片付けをしました。
午後は、松山市コミュニティセンターで開催されました、ビブリオバトルを視察しました。ビブリオバトルとはオオスメ本を観客に向けて5分間で紹介し、一番読みたくなった本に投票をしてチャンプを決定する、書評合戦です。近年読書推進の取り組みとして注目されています。昨年の一般質問でビブリオバトルの開催を主とした読書推進活動の強化を要望していましたので、見学させていただきました。中学生4人高校生6人による素晴らしい発表がありました。
今後こうした取り組みが広がるよう努力していきたいと思います。

今日は午前中、11月に石田政調会長を迎えての団体ヒアリングの打ち合わせ。
午後はKHJ愛媛県こまどりの会(ひきこもり家族会)の月例会を開催しました。講師にアンガーマネジメント協会の石井先生に来ていただき、イライラや怒りと上手く付き合うことなどについてお話しいただきました。ストレス社会の中、イライラや怒りをコントロールすることが大切です。様々な実践をしながらの講演は本当に勉強になりました。ひきこもりは家族が元気になることが解決へ向けて重要です。今後もこうしたセミナーを開催していきたいと思います。
夕方からは、地元井出の上町内会の三世代交流会に参加。地域の皆さまと親交を深めることができました。

こまどり月例会
三世代交流会

  今日は午前中、会派の打ち合わせ。予算要望について協議しました。
午後から市民相談を受けた件を理事者に相談。
  その後新たな市民相談で、市内を3か所訪問しました。その中で、道路の危険な状況の対策のために、信号がついた箇所に新たな課題発生しました。全住民の皆さまが満足できる対策の難しさを感じました。県の所管ですので、さっそく県議に相談したいと思います。

 今日は5件の市民相談で市内を東奔西走。毎月平均35〜50件のご相談をいただきますが、内容も国のこと、県のこと、市のこと、政治家ではどうすることもできないことなど様々です。解決できないような課題でも、少しでもご相談者が前向きになればとできるだけ直接お会いしお話しを伺います。市以外の課題でも国県市ネットワークにより助かっています。
   昨年、通学路の側溝に子どもが落ちたりする危険箇所に、ガードパイプの設置を要望。約70mの区間の設置が完了したとの連絡をいただき今日確認に行きました。
   この一年半市民の皆さまよりご相談をいただき、道路の課題対応など50箇所以上させていただきました。道路補修ひとつにしても関係者全員の同意を取るのが、本当に大変ですが、これからも粘り強く取り組んでいきたいと思います。

今日は愛媛県庁で開催されました、愛媛県難病等患者団体連絡協議会11団体と愛媛県関係部局との連絡会に参加。パーキンソン病友の会愛媛県支部を代表して、本年1月の難病医療法の施行に伴う医療費助成制度の課題について要望意見交換をしました。
夜は日本の未来を真剣に考える、若手経営者の座談会に参加。有意義な語らいをしました。こうした若い皆さまがいらっしゃることに頼もしく感じました。

   今日は毎月一度の小学校の読み聞かせボランティア「わくわくさくらんぼ」の日でした。今日はボランティアさんも大勢いましたので、妻と2人で同じクラスを担当。「変身トンネル」と大型絵本「うみの100かいだてのいえ」を読み聞かせしました。子どもたちが元気よく反応してくれ、いつもこちらが、元気をいただきます。これからも子どもたちの夢が広がるような、読み聞かせをしていきたいと思います。
   終了後は議会にて、先日起きた競輪事務所の不明金問題について理事者の説明を聞くため、所管の産業経済委員会を傍聴しました。警察の調査中ということであまり詳細な内容はありませんでした。引き続き注視していきたいと思います。
  その後市民相談、夜は通夜式に参列しました。

 今週も定時定点の街頭演説より出発。今日は、昨日前開催されたがん患者家族の支援イベントリレーフォーライフジャパンのことやがん対策のこと、軽減税率のことなどをお話ししました。
 午後からは、障がいがある皆さまの就労のために、仕事の受注拡大を目的として平成25年に設立された「共同受注窓口」のe-ICA(エイカ)の事務局をしているNPO法人ぶうしすてむを視察させていただきました。エイカでは主に印刷やICTに関わる事業所が参加しています。ICT関連の仕事の内容も多岐にわたり、非常に高い技術力があります。今日は仕事の一端を見学させていただきましたが、ハイレベルの仕事の内容に驚きました。2013年に障害者優先調達推進法という法律ができ、公的機関が物品やサービスを調達する際、障害者就労施設などから優先的積極的に発注することが制定されましたが、公的機関が各就労施設がどういう仕事ができ、また仕事レベルがよくわからないという課題があり、発注に二の足を踏む公的機関もあります。今日は、松山市の障がい福祉課の課長にもお越しいただき視察していただきました。

gaitou
bu
eika
eika2
buu

   昨日より開催されています、リレーフォーライフジャパン2015えひめ、夜中も一生懸命歩きました。久しぶりに完徹夜しました。足が非常に痛い状況ですが、本日最後まで参加できました。朝陽が眩しく爽やかでした。また、今日はバルーンボランティアをされている高田さん親子も参加され、バルーンをプレゼントし子どもたちの元気と笑顔の輪を広げていらっしゃいました。
   夜は地域のミニ集会で政治学習をさせていただきました。今日は壮年が大勢参加。記念撮影をしました。

   今日はがん患者家族支援イベントのリレーフォーライフジャパン2015えひめに参加しています。有志の議員で市議会チームを結成しました。24時間歩き続けることでがん患者家族の皆さまのご苦労思いを共有し、がんについて真剣に考え、支援を広げていくことが目的です。市議会の立場でできる最大の支援を考え、忍耐強く努力を尽くしてまいりたいと思います。

  今日は訪問活動や市民相談の対応。夜は地域の集会で政治学習をさせていただきました。
  また、今日の公明新聞に山口代表と中国の習国会主席の会談の模様が掲載されていました。
  平和安全法制の前提となる閣議決定には、公明党の努力で一層の外交努力を規定する内容が盛り込まれました。先日の韓国訪問に続き、今回は中国と外交努力の実践を公明党はしています。ひとつの実践は百万言より優るという言葉もありますが、政治で1番大事なことは実践です。山口代表は真の恒久平和のための活動をしています。

  今日は朝一、中央図書館で事務所長に相談。その後、戦後70年松山市平和記念事業として開催されました、戦争犠牲者追悼式に参加し献花をさせていただきました。遺族代表のご挨拶の中で当時の状況お気持ちをお聞きし、本当に悲しく辛い気持ちになりました。また、恒久平和の誓いをあらたにしました。
  戦争ほど悲惨なものはありません。平和ほど尊いものはありません。微力ではありますが、断じて平和のために努力を尽くしてまいりたいと思います。
  終了後は、清水、長野両議員とともに、保健所と教育委員会にて、がんの検診率向上のための取り組み、がん教育について調査しました。

戦争犠牲者追悼式
平和資料展
 

がん検診率についてヒアリング

  今日は市民相談の対応、午後からは、地元集会所で開催されました町内の敬老会のカラオケの会にご招待いただきましたので、参加させていただきました。声を出すことが、健康法だと皆さま生き生きと元気でいらっしゃいます。こうした健康かつ地域のつながりを育む活動は重要であります。お一人暮らしの高齢者が増加する中では特に大切です。 地域コミュニティの促進のため一層努力してまいりたいと思います。 私も2曲歌わせていただきました。
  夕方は、余戸西を目標に近くの消防隊が出動しましたので現場に駆けつけました。高齢者の方が川に転落したとのこと、幸い命に別状はなく意識もはっきりされていましたが、川の側道は柵もなく、高齢者がよく散歩されるとのこと。道の端は勾配がきつく危険に感じました。何か対策ができないか、市に相談したいと思います。
夜は党の責任者会でした。

地元集会所
転落現場

 今日午前中、決算特別委員会の文教消防分科会にて26年度の決算について審査しました。
 午後、余戸南にある社会福祉法人あゆみ学園の森理事長、安藤事務主任がご来庁され、丹生谷議長にもお会いいただきました。子育て政策について様々意見交換をしました。
 終了後は11月に開催予定の石田政務調査会長(衆議院議員)による、団体ヒアリングのご案内で市内を回りました。

森園長
決算

  今日は毎週月曜日の街頭演説より出発。9月議会、原発再稼働、平和安全法制、軽減税率についてお話ししました。
  その後、市民会館で開催されました、山本ひろし参議院議員の国政報告会に役員として参加しました。約1200人の皆さまにご参加いただきました。山本博司参議院議員からは、平和安全法制、軽減税率、しまなみサイクリングの話題などのお話しがありました。

  今日は10月31日〜11月1日に開催されます、KHJ全国大会の実行委員会の会議のため、愛媛県こまどりの会の役員で高松市に行きました。
当日の役割ほか様々な協議をしました。
今年3月より始まりました実行委員会の会議も今日が最後です。本番の大成功を祈念し、四国のひきこもり支援が前進するよう全力を尽くします。

 今日は吃音の会の愛媛言友会主催の、言友会全国大会吃音ワークショップin愛媛に参加させていただきました。
 吃音とは一般的には、「どもる」話し方で言語障害の一つです。ひきこもりになる方もいらっしゃるということで、KHJ愛媛県こまどりの会をご招待いただきました。今後連携しながらひきこもり支援につなげていきたいと思います。

IMG_4455
IMG_4457
IMG_4459
IMG_4460

今日は市民相談、団体の訪問活動を実施しました。夜は会合。市民相談は大変深刻な内容ですが、なかなかお役に立てるようなことが無い状況でした。とにかくお話しをじっくりお聞きしました。丁寧に聞いてもらったことを喜んでいただきました。一市会議員ではどうしようもないもない課題も多いですが、同苦することが大切であると思いました。
また、今日の公明新聞に山口代表と韓国のパククネ大統領の対談の模様が掲載されていましたが、公明党は平和のため現実的な課題解決のためどこの政党よりも外交努力をしています。口だけの平和でなく、平和のため行動することが大事であると思います。



今日は朝1番、県本部にて団体ヒアリングの打ち合わせ。終了後はこまどりの会長と共に、11月に開催のひきこもり支援セミナーの案内に、行政機関、支援機関、マスコミなど十数箇所を訪問しました。夜は平和安全法制の件で訪問。2時間半の長い懇談となりました。

 昨日は松山の秋祭り。子ども神輿とともに終日町内をまわりました。子供たちの元気な姿が地域を明るく盛り上げました。
 昨今地域のコミュニティの希薄化が指摘される中、こうした地域の行事が非常に重要であると感じました。独居高齢者も増え少子高齢化が進む中、防災や福祉などにおいても、地域のコミュニティがカギを握ります。一層の地域コミュニティが進むよう努力していきたいと思います。


IMG_4444
IMG_4445
IMG_4435
IMG_4440
秋祭り
IMG_4443

今日は、中まさかつ県議会議員と街頭演説を実施しました。
終了後は、市民相談の対応、平和安全法制の説明などで市内を東奔西走。
松山市は祭に入っているため、あちこちで雰囲気が盛り上がっています。
明日は早朝5時すぎ家を出て子ども神輿の手伝いに行きます。


  早朝、定時定点の街頭演説を実施。2002年10月1日に施行されました、身体障害者補助犬法についてお話ししました。
  その後市役所にて会派の会議。午後は斉藤元環境大臣(党幹事長代行)を迎えての、愛媛県本部議員総会に参加しました。
  斉藤幹事長代行は、伊方原発再稼動について、軽減税率の状況について、丁寧にご説明いただきました。
  原発についての公明党の考えは、新規の原発は認めないで、最終的長期的には原発の廃炉を目指し、自然エネルギー、再生エネルギー等に切り替えていく。今現在は、公明党の提案で立ち上げた世界一厳しい審査基準と言われる、原子力規制委員会の判断と地元の同意があるものは、再稼動を認める。その理由は、地元の経済の影響、石炭やLNG(液化天然ガス)による発電ではコストやCO2削減などの環境問題も考慮し、現実的な対応をしていく。その上で40年廃炉を目指すとのことです。
 軽減税率については、マイナンバーカードを使用した還付方式の財務省案には断固反対し、公明党が従来から主張している対象品目の軽減税率を断じて実施していくとのことです。


  厚生労働省主催の身体障害者補助犬の啓発イベント、今日は兵庫県で開催されました。聴導犬の紹介で松山市のDog For Life Japanの砂田代表、愛媛県で第一号の聴導犬ベルを贈呈された太田さんが出演されました。ベルもがんばりました。

  今日は大阪で開催されました、厚生労働省主催の身体障害者補助犬の啓発イベントに参加させていただきました。視覚障がいの方をサポートする盲導犬、肢体不自由の方をサポートする介助犬、そして聴覚障がいの方をサポートする聴導犬の3種の補助犬が勢揃いしました。
  聴導犬はNPO法人MAMIEの安藤代表のサポートをしているレオンが出演しました。安藤代表、レオンとは久しぶりの再会です。我が松山市でも先月初めての聴導犬が誕生し、3種の補助犬が揃っている全国でも珍しい地域です。全国へ理解が広がるよう精一杯努力していきたいと思います。

  今日は午前中、議会改革特別委員会が開会され、議会報告会の件など様々決定しました。重要な議員の倫理についてはもう一度ワーキンググループで協議することになりましたので、しっかり議論していきたいと思います。
  終了後は市民相談の件で担当課に相談、その後県庁にて難病関係についてなど2か所で相談、夕方は市民相談の結果報告を2か所、夜は松山市が共催している、薪能を初めて見ました。松山市は特に能楽が盛んであったそうですが、今日はあらためて伝統文化を守っていくことの大切さを認識しました。

  今日は、松山市救急ワークステーションの開所式に参加しました。救急ワークステーションとは救急救命士に義務付けされている病院での教育実習を、救急出動体制を維持したまま医療機関で研修する仕組みです。
   この度設置された救急ワークステーションは、重篤な患者の場合は医師が同乗し出動する体制が、365日24時間体制で実施され、より市民を守る体制が整備されました。今日は模擬訓練も見せていただきました。
 終了後はパーキンソン病友の会の役員会を開催し、様々協議しました。



このページのトップヘ