⭐️市民福祉委員会の行政視察

昨日28日は神戸市議会、本日29日は東大阪市議会へ、市民福祉委員会の行政視察へ行きました。

神戸市議会では、総合コールセンターにおけるAIチャットボットサービスについて勉強させていただきました。

チャットボットとは、対話を意味する「チャット」と、「ロボット」を組み合わせたもので、パソコンやスマートフォンからの問合せに対して、あらかじめ決められた回答を、会話をしているように即時に自動で返すものだそうです。

AI技術を活用した行政サービスの効率化をはかるため、こうした実証実験が行われています。

行政サービスにおける、AI技術の活用は、ケアプランの作成や保育所入所判定、道路の補修箇所の判定などに活用している自治体もあり、AI技術はますます期待されています。

東大阪市議会では、健康寿命の延伸に関して、"健康経営"など働く世代の健康づくりの取り組みや、がん検診等の受診でポイントを付与し、商品等に交換できる、「健康マイレージ事業」などを勉強させていただきました。

今の松山市議会市民福祉委員会の閉会中の調査・研究テーマは「健康寿命を延ばすまちづくりについて」であります。

全国の様々な事例を学び、委員会として有意義な提言してまいりたいと思います。
FullSizeRender
IMG_3430
IMG_3400
IMG_3431
FullSizeRender
FullSizeRender