⭐︎身体障害者補助犬への理解を深めよう❗️

10月20日土曜日。

今日は、身体障害者補助犬である、介助犬や聴導犬の育成や普及活動に取り組んでいる、

ドッグフォーライフジャパン(砂田代表)が、イベントに参加しているということで応援に行きました。

補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)は、身体障害者補助犬法に基づいて訓練・認定された犬のことで、目や耳、手足に障がいのある人のお手伝いをします。

特別な訓練を受けているので、社会のマナー等も守れ、公共施設や交通機関、飲食店など様々な場所に同伴できます。

盲導犬は、視覚障がいのある人が安全に歩けるようにサポートを、介助犬は、肢体不自由のある人の日常生活動作をサポートを、

そして、聴導犬は、聴覚障がいのある人に生活の中の必要な音を知らせる等のサポートをします。

身体障害者補助犬法では、公共施設や交通機関、スーパーやレストラン、ホテルなど、不特定多数の人が出入りする民間施設等に、補助犬同伴の受け入れを義務付けています。

しかし、まだまだこの法律のことも、補助犬のことも知らない方が多い現状があります。理解拡大に向けてしっかり取り組んでまいりたいと思います。
FullSizeRender