⭐️俳都松山を盛り上げよう❗️

"俳句の都 松山"を盛り上げよう!俳句文化を広めよう!と、昨年、市議会議員・市職員の有志で、俳句愛好会(俳遊会)が結成されました。

その第1回勉強会が、昨日8日夜、番町公民館で開催されました。俳句甲子園の出場経験もある市職員の方が講師で、俳句の基礎からとても分かりやすく教えていただきました。

松山では、小学校で俳句を習うそうですが、県外出身の私は、俳句の基礎的なお話を初めて聞き、とても俳句に興味を持ちました。

正岡子規や高浜虚子など、多くの偉大な俳人を輩出した松山市は、俳都松山として、俳句文化を大切にしています。

市内のいたるところに俳句ポストが設置され、市民も日頃から俳句に親しみ、句会や俳句イベントも開催されています。

今や夏の一大イベントとなった、俳句甲子園も今年第21回を数え、全国から多くの高校生が参加します。

第21回俳句甲子園は今月18日〜19日に大街道商店街、松山コミセンで開催されますので、皆様是非、観覧にお越しください!

ある俳句が脳へ与えるかどうかを調べた研究結果では、俳句の創作は、前頭前野を活性化させ、脳の血液量が増加することがわかったとのことです。

これにより認知症や鬱の予防や改善に効果があると考えられるとのことです。俳句は本当に素晴らしいですね。

松山市の議員として、俳都松山のさらなる発展、俳句文化の振興に、これから全力で頑張りたいと思います!
IMG_1623
FullSizeRender
FullSizeRender