昨日7月3日の党の機関紙で、全国に紹介していただきました。松山市では、今年度から水害の危険を学ぶ防災教育が始まりました。
近年、豪雨による水害が増えています。私が所属する日本防災士会愛媛県支部でも、愛媛県からの依頼で、県内の社会福祉施設に対し、水害に関する対策のアドバイスを行なっています。命を守るため、水害に対応する防災力を広めていくことが大切です。
FullSizeRender