1月7日日曜日。
今日は朝から夜まで3つの行事に参加。
午前中は地元の余土地区成人式。
午後は地元高齢クラブの七草の会。
夕方からは夜まで、詩吟の会の総会・新年会。
七草の会では健康的でとても美味しい、
"七草の粥"を食べ元気をいただきました。
七草粥を食べる1月7日は「人日(じんじつ)の節句」という五節句のひとつだそうです。
古来日本では、若菜を摘む「若菜摘み」という風習があり、中国では唐の時代に、人日の日に七種類の野菜を入れた汁物、「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」を食べて、無病息災を祈っていたそうです。
平安時代になると、こうした中国の風習や行事が日本に伝わり、「若菜摘み」と「七種菜羹」の風習が交わって、「七草粥」が食べられるようになったとのことだそうです。
そして江戸時代には、幕府が「人日の日」を「人日の節句」として五節句の1つと定め、これが「1月7日に七草粥を食べる」という風習が、民衆に定着していった由来とのことです。