《ご報告》
今年の6月、初期の胃がんがたまたま見つかり、先月8月に入院し、胃を3分の2切除する手術が無事終了しました。
皆様にはご心配をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。術後の経過も良好で、8月下旬から開催されている議会も前半欠席させていただきましたが、4日より出席し活動も再開させていただいています。がんは国民の2人に1人、男性では3人に2人が罹患する国民病でありますが、早期発見すれば、多くの方が助かっている現状です。私もたまたま早期発見でき、あらためて早期発見の大切を身をもって実感しました。今、松山市議会では有志の議員で、がん対策推進条例の制定を目指して取り組んでます。私も一層の決意で条例の制定に取り組んでまいりたいと思います。
(入院中)
(手術前)
(退院翌日に開催された、がん患者支援イベントにて挨拶)
(愛媛新聞リレーフォーライフ記事)