今日は、松山市道後のにぎたつ会館にて、全国パーキンソン病友の会中四国ブロック研修交流大会を開催。愛媛県では初めての開催でしたが、中四国8県より約70名の皆様にご参加いただきました。

順天堂大学名誉教授で、パーキンソン病治療の世界的権威である水野先生の講演、各県代表の闘病体験など充実した大成功の大会でした。
夜の交流会では愛媛県支部の大橋さんとご友人による三味線も披露。参加者に大変喜んでいただきました。

日頃、病気と戦いながら過ごされている皆様が、遠くからわざわざご参加いただきますので、少しでも喜んで帰って頂けるよう、この数ヶ月企画立案準備等真剣に取り組んできました。今後も皆様の支援に全力を尽くしてまいりたいと思います。