昨日はこまどりの会(ひきこもり家族会)月定例を開催しました。日本ペップトーク普及協会認定講師の玉井先生より、前向きなコミュニケーションの取り方を学びました。ペップトークとはアメリカのスポーツ界実施されている、試合前に監督やコーチが選手に対して行う、わかりやすく、肯定的な、勇気づけのショートスピーチです。ペップトークは家庭や学校、職場などの人間関係を良好にするためのコミュニケーションスキルとして注目されています。人はネガティヴな言葉を使いがちですが、少し言い方を変えるだけで相手の捉え方は大きく変わります。ひきこもりの対応に生かしていけたらと思います。