今日は午前中、障がい者就労施設のIT関連の仕事の共同受注窓口をしている施設の皆さまと共に、国体担当部局を訪問しました。障害者優先調達推進法により国や地方公共団体等は、障がい者就労施設等に、仕事の発注を優先的、積極的にしなければいけません。国体等特に大きなイベントでは、仕事の発生が期待できますので、要望に行きました。国体開催市では、自治体の優先調達額が大きく伸びています。障がい者の皆さまの就労環境を守るため、今後発注額が伸びることを期待したいと思います。
今後からは、挨拶まわりや党務。