今日は中まさかつ県議会議員と街頭演説を実施。おととい5月3日憲法記念日を迎え、公明党の憲法に関しての考え方をお話ししました。
公明党は現行憲法を維持した上で、改正が必要になった場合に新たな条文を付け加える形の加憲という方法を主張しています。
特に加憲のテーマとして、環境権などの新しい人権等を党内で議論してきました。地球温暖化、オゾン層破壊、大気汚染など世界的に環境問題が深刻化する中、多くの国の憲法で環境権に関する規定を設けています。1990年以降に制定された憲法102のうち、89%にあたる91の憲法で環境条項が設定されています。