★月刊誌「潮」5月号

今日も週初めの早朝街頭演説よりスタート。統一地方選挙後半戦のこと、公明党のネットワーク力のこと、今ある様々な社会問題のことなど約15分間お話しました。
明日よりは新居浜市議選の”さなぎ増次郎候補”の遊説の応援で、連日新居浜市に行きます。全力で戦ってまいります。街頭演説終了後は、終日かけて8件の市民相談の処理をしました。

今月5月号の月刊誌「潮」に、先日12日に開催した、こまどりの会主催のひきこもり支援セミナー講師で、ジャーナリストの池上氏が、特集ニッポンの現実に寄稿されています。テーマは「居場所のない大人たち」です。
池上氏は長年ひきこもりを取材しており、ひきこもり問題の本質、状況についてよく知っています。
昨今ひきこもりは高年齢化しています、山形県や島根県の実態調査でも、ひきこもりの半数近くは40歳代以上でした。リストラ、介護、病気で一旦社会から離れると、戻れなくなる人も増えています。
ひきこもらざるを得なかった当事者の心の内を理解し、同時に家族への継続的な支援の重要性を、池上氏は訴えています。
今、ひきこもりは200万人以上いるとの推計もあります。私どもにもこうした相談が本当に多い状況です。これからの日本の将来のためにも、この問題は社会全体で取り組むべきと痛切に感じます。しかし、現実的にはあまりに理解されていない。行政支援も支援機関も少ない状況です。私はこの問題の解決のために、誰よりも真剣に取り組んでまいります。

IMG_1711

FullSizeRender

IMG_1720