松山市議会議員 太田ゆきのぶBLOG

⭐️ 経営でお悩みの方は、ぜひご相談ください❗️

コロナ影響による、中小企業への各種支援の説明や書類作成を支援する"特別支援員"がえひめ産業振興財団に配置されています。

詳細は下記URLより検索ください。

https://www.pref.ehime.jp/h30300/koronashinen/shienin.html
FullSizeRender


⭐️小学校の始業式・入学式❗️

今日は、小学校の始業式のため新年度はじめての見守り活動。子どもたちに久しぶりに会えました。

子どもたちも様々ストレスもあるかと思いますが、元気いっぱい挨拶を返してくれ、とても元気をいただきました。

松山市では、明日から2週間程度の休校に入りますが、新年度、新たな気持ちで目標に向かって頑張ってほしいと思います。
FullSizeRender

⭐️身体障害者補助犬の給付希望者を募集中❗️

目に障がいのある人をサポートする「盲導犬」、手や足に障がいのある人をサポートする「介助犬」、耳に障がいがある人をサポートする「聴導犬」の給付希望者を募集しています。

申請期限は、令和2年5月15日(金)です。
詳細は下記へ


FullSizeRender

⭐️世界自閉症啓発デー

本日4月2日は、国連が定めた「世界自閉症啓発デー」です。

世界各地で、自閉症をはじめ発達障害の理解啓発のため、シンボルカラーであるブルーのライトアップが行われています。

松山市では、総合福祉センターや商業施設の大観覧車(くるりん)がブルーでライトアップされました。

ブルーの光を見つめつつ、誰もが暮らしやすい社会の実現に向け、日々努力していこうと決意を新たにしました。
IMG_2619
IMG_2622
IMG_2625

今週より、生活資金貸付の問い合わせが増えてます。

コロナの影響による休業や失業での、生活資金貸付が3月25日より始まっています。

無利子・保証人不要です。

ご相談・申し込みは、各自治体の窓口になります。
(添付資料参照)
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

今日も多くの市民相談の対応。途中、お世話になっている支援者の方と懇談。いつも元気をいただきます。

コロナの影響のほか深刻なご相談多い状況ですが、少しでもお役に立てるよう誠実に努力してまいりたいと思います。
FullSizeRender


昨日は、ひきこもり支援活動で西条市方面へ。
ひきこもり相談や支援機関との情報交換、意見交換をしました。

愛媛県のひきこもり相談は、基本的に保健所が窓口ですが、西条市は、市としても取り組んでいただいています。感謝です。

先週一週間、地元新聞にひきこもりの連載記事を掲載していただいたこともあり、週末から多くの相談があります。

本当に難しい課題ですが、一歩でも前へ進めるよう努力してまいりたいと思います。

西条市のひきこもり相談
https://www.city.saijo.ehime.jp/soshiki/kenkoiryo/hikikomori.html
FullSizeRender
FullSizeRender

⭐️手作りマスク簡単

マスク不足の中、手作りマスクが増えてますが、私は、ハンカチを使ったこの方法が、とても簡単でつけ心地も良かったです。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

本日は、一般社団法人 愛媛県摂食障害支援機構の皆様が来庁。意見交換をしました。

摂食障害当事者の本当の支援につながるように、理解啓発のための「マゼンタリボン運動」を広げてまいりたいと思います。
IMG_2475
IMG_2469
IMG_2477


⭐️若いがん患者の支援が前進します❗️

終末期のがん患者は、介護サービスが必要になることがあります。

しかし、介護保険の適用外である39歳以下の若い世代は、全て自己負担になります。

松山市では、こうした支援の空白世代を支援しようと、若年者在宅ターミナルケア支援事業(仮称)が始まります。

患者、家族の皆様に寄り添った制度となるよう、思いを込めて訴えました。

献血にご協力ください!

多くの命を救うためにも、毎日13,000人の献血協力が必要とのことです。

新型コロナウイルスの影響により、様々な会場での献血実施ができなくなり、献血が不足しているそうです。

今日は、妻と献血に行きました。しかし、残念ながら私は献血できませんでした。

不勉強でしたが、献血には様々な条件があります。

私はがんを経験していますが、これも献血ができない理由の一つだそうです。

献血に協力もできないのかと、とても寂しい気持ちになりましたが、自分ができない分、献血への呼びかけを頑張ろうと思います。

皆様の献血へのご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
IMG_2461
IMG_2463

摂食障害への理解啓発を!
(今議会の一般質問の動画)


本日は西予市を訪問。

雨が降り、風が吹くなか開催された、公明党女性局の街頭演説会の応援へ。

地元の二宮一朗市議会議員も応援に駆けつけました。

二宮一朗市議は、一昨年の豪雨災害で被災者支援に本当にご尽力されました。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

⭐️摂食障害の理解啓発を❗️

昨日は市議会の一般質問で登壇。

新型コロナウイルス対策やがん対策、子どもの交通安全、摂食障害の理解啓発などについて質問しました。

摂食障害の理解啓発では、ポスターパネルを使って一層の啓発推進を訴えました。

今、摂食障害理解啓発のため、マゼンタリボン運動が、松山市から全国に広がっています。

摂食障害とは、食べることに支障をきたす病気であり、食事をほとんどとらない拒食症や極端に食べてしまう過食症などがあり、死亡率の高い病気であります。

摂食障害は周囲の理解が無いため、本人が症状に悩んでいても、周りに打ち明けられない状況があり、なかなか医療に繋がらない場合が多くあります。

中学校や高校でもクラスに1~2人はいるそうですが、周囲の理解がないため支援が届いていないことも少なくありません。

支援をしなければいけない側の人たちへの理解が特に大切であります。
FullSizeRender
IMG_2435
IMG_2437

⭐️最後のハイタッチ❗️

新型コロナウイルスの影響で、松山市の小中学校では明日4日より臨時休校となります。

毎朝の見守り活動も今年度最後。子どもたち、特に6年生は最後になります。

毎朝ハイタッチをする児童がいます。彼も6年生で卒業となります。

今日は、最後のハイタッチ❗️とても寂しい気持ちですが、中学生になっても元気で頑張ってほしいと思います。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

本日は、愛媛県の依存症対策普及啓発の委託事業として「えひめダルクフォーラム」を開催。マスク着用での開催でした。

当事者・精神科医・弁護士・行政等によるパネルディスカッションには、私も参加させていただき、依存のことを考える良い機会となりました。

当事者や家族会の皆様の体験もあり、学びの多い充実したフォーラムでした。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_2405
FullSizeRender


議会質問の準備の合間、ご当地ソング振興会のご縁でイベントに参加。

素人劇団による舞台やご当地ソング&歌謡ショーが開催。

歌謡ショーに出演させていただき、松山千春さんの「大空と大地の中で」を歌いました。

『生きる事がつらいとか 苦しいだとか言う前に
野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ』

この歌詞にいつも元気をもらいます。

様々な困難がある世の中ですが、負けることなく力強く生きつつ、人を幸せできる自分になれるよう努力してまいりたいと思います。
FullSizeRender

本日は、KHJ愛媛県こまどりの会(ひきこもり家族会)の定例会。

千葉からカウンセラーの先生に来ていただきました。

参加者の皆様が少しでも元気に前に進めるよう、様々な取り組みを考え努力してまいりたいと思います。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender


本日は、愛媛大学防災情報研究センター主催の防災シンポジウム「国土強靭化地域計画の策定と事前復興デザイン」に参加しました。

国土強靭化地域計画については、3年以上前に議会で取り上げ、松山市の地域計画の早急な取り組みを訴えました。ようやく松山市としても検討に入っています。

東日本大震災被害     
  (死者)1.9万人    (資産等)17兆円
南海トラフ巨大地震    
    32.3万人            170兆円

あまりにも大きな被害が想定されている、南海トラフ巨大地震の防災減災のため、防災士議員として自分ができることに全力を尽くしてまいります。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

⭐️松山市議会開会❗️
本日より松山市議会3月定例会が始まりました。

2月27日〜28日代表質問。
3月2日〜5日一般質問。
3月6日〜13日委員会審査。
3月18日閉会となります。

私は3月3日3番目で一般質問に登壇します。
市民代弁者として頑張ります。
FullSizeRender

国交省松山河川国道事務所を山本博司参院議員、地元余土中学校の先生方と訪問し、事務所長、道路担当副所長らと面会。
国道56号線の交差点における、余土中学校の通学路の安全対策について要望しました。
FullSizeRender
FullSizeRender


⭐️マゼンタリボンを広げよう❗️

本日は、山本博司参議院議員とともに、愛媛県摂食障害支援機構を訪問し意見交換。

摂食障害は、深刻な病気で中高生でもクラスに1〜2人いると言われていますが、周囲の理解がないため言い出せず、医療や適切な支援に至っていない状況が多いそうです。

摂食障害の理解を広げていく取り組みが、とても大切であります。

今、理解を広げる取り組みとして、愛媛発の「マゼンタリボン運動」を全国へ発信しています。

皆様のご協力をどうぞよろしくお願いします。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

今日も国会へ。参議院議員会館の山本博司事務所にて、就職氷河期支援やひきこもり支援について厚生労働省より話しを聞きました。

また、空港へ行く途中、松山市出身で太田区でコンビニ経営をしている佐々木さんを訪問。数年ぶりの再会でした。
元気そうで何よりです。
FullSizeRender

⭐️市長と共に国土交通大臣へ陳情❗️

朝一番の東京羽田行きの飛行機に乗ったものの、まさかのエンジントラブルで大阪伊丹に緊急着陸。

地上交通での移動と言われ、新幹線に乗りようやく上京。

野志市長と共に、赤羽国土交通大臣へ松山市の社会資本整備についての陳情を行いました。
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_2175
IMG_2179


⭐️えひめダルクフォーラムを開催します❗️

今日はえひめダルク支援会に参加。フォーラムの打ち合わせをしました。

今月2月29日土曜の13時より愛媛県男女共同参加センターにて、「えひめダルクフォーラム」を開催します。

近年、薬物・アルコール・ギャンブル・ゲームなど様々な依存症で悩んでる人が増えている状況です。

「依存」とは何か。 一緒に「依存」について考えませんか?

参加費無料、申込不要です。関心のある方、皆様のご参加をお待ちしております。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

⭐️ママのバレッタ原画展開催中❗️

親子でがんのことを学べる「ママのバレッタ」という絵本の原画展が、NPO法人愛媛がんサポートおれんじの会が運営する、町なかサロンで開催中(〜3/8)です。

本日は、フリーアナウンサーで絵本セラピストの福井一恵さんによる絵本セラピーが開催され参加させていただきました。

「ママのバレッタ」は抗がん剤で髪が無くなったお母さんとのやりとりを、子どもの目線で描く物語りで、親子でがんのことを学ぶのに最適な絵本です。

がんへの理解を深めるため、ぜひご覧ください❗️
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

今日の午前中は、今回開催2会場めとなる青少年センターでの議会報告会に参加。司会を務めました。

その後、市民相談、夜は地元町内会の役員会で、地域の課題についての意見交換をしました。

課題解決に向け全力で取り組んでまいります。
FullSizeRender
FullSizeRender



⭐️議会報告会を開催❗️

本日は19時より松山市議会の議会報告会を開催し、多くの市民の皆様にご参加いただきました。

市民の皆様より貴重なご意見や要望を頂戴し、今後の市政に反映できるよう努力してまいります。

2月8日土曜日も、午前10時より青少年センターにて議会報告会を開催します。

予約不要ですので、是非ご参加ください。私は司会を務めます。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

今日は韓国民団愛媛県本部の新春会に参加。皆様と交流させていただきました。日韓交流のますますの発展を願っています。

また、市民相談や調査活動、市役所での予算折衝、企業訪問などで市内を東奔西走。

交差点マーク等の道路の安全対策も数カ所の設置確認をしました。

まだまだ、本当に多くの要望や相談をいただいており対応中ですが、誠心誠意取り組んでまいります。
FullSizeRender
IMG_2099

⭐️てんかんへの理解拡大に向けて❗️

本日は市役所にて、日本てんかん協会愛媛県支部の皆様、松山市の子ども子育て担当の理事者と意見交換。

先日、開催されました、保育士や幼稚園教諭向け「てんかん講座」でのアンケート結果等についてお聞きしました。

現場では、てんかん発作時の対応について、一番心配されているようです。

継続的なてんかん理解のための研修が大切です。

てんかんの理解啓発に向け、精一杯努力してまいりたいと思います。
FullSizeRender

このページのトップヘ